植毛の日数が知りたい!どれくらいで髪の毛が生え揃う?手術後の過ごし方は?

 

自分の毛髪を利用する自毛植毛の場合、個人差はありますが、術後数ヶ月すると徐々に髪の毛が生えそろっていくようです。
ここでは術後、最終的にどれくらいの期間で生え揃うのか、植毛後にやってはいけないことなどをまとめています。

 

基本治療費10万円割引キャンペーン実施中!

植毛はどれくらいで生え揃うの?という疑問もありつつ、安くなるんだったら、やれるところまで安くしたいという方にとっておきの情報です。
現在、アイランドタワークリニックでは下記ボタンのリンク先から無料カウンセリングを申込むと基本治療費を10万円割引してもらうことができます。
その他、モニター割引による治療費50%割引などもあるので、植毛をお考えの方はこの機会に是非ご利用ください。
※通常の公式サイトからの申込では10万円割引は適用されません。

 

【自毛植毛の特徴】

  • 髪が生え揃うまでに約1年
  • 術後、周りにバレないためのアフターケアあり
  • メンテナンス不要
  • 一生物の自分の髪の毛が手に入る

WEB限定のキャンペーンをもっと詳しく見る

 

 

自毛植毛の流れと日数について

植毛をして健康な髪が生えそろうまで、だいたい1年程度と言われています。
そして、それまでには大きく分けて次の3つの段階があります。

  1. カウンセリング
  2. 施術
  3. アフターケア

 

自毛植毛をするクリニックや植毛方法などによりますが、植毛の手術は6時間前後で終わるので、日帰りで受けることができます。
しかし、植毛をすれば薄毛の悩みがすぐに解決するわけではありません。
自毛植毛で定着した毛根から、新しく髪が生えてくるには少し時間がかかります。

 

まずは植毛の流れと経過を確認していきましょう!

 

自毛植毛の流れと経過

植毛をしてから生えそろうまで、一般的に次のような過程を経ます。

手術当日~翌日 当日は手術部位に包帯を巻いて帰宅翌日に再度来院して状態を確認します。
手術1周間後 かさぶたが少しずつ取れていきます。
手術1~3か月後 かさぶたが取れた箇所の赤みが徐々に薄くなっていきます。この期間中は、移植した髪は新たに生え変わるために一時的に抜け落ちることがあります。
手術4か月以後 移植した髪が徐々に生えそろい、成長していきます。
手術半年~1年後 ほとんどの髪が生えそろいます。

 

植毛手術当日

手術後は出血があるため包帯が必要ですが、入院の必要はなく帰宅することができます。
包帯を巻くため、そのまま帰宅すると周りにバレるので必ず帽子を準備しておきましょう。
頭を覆えるニット帽くらいのサイズが好ましいです。

 

【術後4日目まで特に注意しておくこと】

  • カツラを使用されている方は、術後約3日は使用を控えてください。
  • 当日は入浴を避けましょう。包帯を巻いたままであれば首から下はシャワーを浴びることができますが、必ず患部に当てないようにしましょう。
  • 患部が安定していないため、術後4日目まで寝返り時に痛みを感じることがあります。就寝の際は固めの枕で寝ると良いです。

 

固めの枕が良い理由

柔らかい枕に比べて頭皮との摩擦が少ないため、固めの枕が良いとされています。
柔らかい枕だと頭皮との摩擦が多く発生するため、毛根の生着率を下げる可能性があります。
そのため、自毛植毛の成功率をグッと上げたいなら就寝時の枕は固めがおすすめです。

 

植毛手術翌日

翌日の状態確認の際には包帯を外すことができますが、かさぶたができているのでガーゼをあてます。
ここでも帽子を準備しておくと良いでしょう。
クリニックによりますが、アイランドタワークリニックならヘアシートを取り付けしてくれるため、後頭部の刈上げ部分が周りにバレる心配がありません。

 

ヘアシートは所要時間2時間で、専門のデザイナーの方が作成するため、自然な仕上がりになります。
急いでいるということがない限り、周りの視線が気になるという方は、ヘアシートの装着をおすすめします。

 

術後4日目

患部の状態次第ですが、大体の人はカツラを使用することができるようになります。
また、就寝時の寝返りも痛みを感じなくなってきます。

 

植毛手術1周間後

かさぶたが徐々に取れてきてます。
かいたりして無理にかさぶたをとらないように注意しましょう。

 

植毛手術1~3か月後

この時期には、ショックロスと言われる症状が起こる可能性があります。
ヘアサイクルという髪の周期により一時的に脱毛しますが、その後新しい髪が成長していきます。

 

後頭部の刈上げ部分が生え揃ってくるため、1ヶ月ほどで装着していたヘアシートを外します。

 

手術4か月~1年

植毛後4ヶ月をすぎると、徐々に新しい毛が生えていき、1年程度で全ての毛が生えそろいます。

 

 

植毛の疑問点や心配事は実際に植毛を経験した方に聞くのがおすすめです。
実は、自毛植毛経験者がカウンセリングをしてくれるクリニックがあります!

 

経験者が語る植毛について詳しく見る

 

植毛後の通院について

植毛後は、経過観察やアフターケアのために数ヶ月に一度の通院が必要になります。
植毛大手のアイランドタワークリニックの場合には、以下のタイミングで通院を行います。

  • 自毛植毛手術の翌日(ガーゼの交換)
  • 術後4日目(経過確認)
  • 10~14日目(抜糸)2回
  • 術後1ヶ月(経過確認)
  • 術後3ヶ月(経過確認)
  • 術後4ヶ月、8ヶ月、12ヶ月(検診)

 

基本的には抜糸までが終わり、自毛植毛の経過が良好なら3回程度の通院で問題ありませんが、上記期間で通院していると効果を得られる可能性が高く安心です。

 

通院が困難な場合には、自毛植毛手術の翌日は自宅で様子を見て、抜糸には自宅近くの医療機関を紹介してもらうということもできます。
アイランドタワークリニックは、術後の診療は無料なので心配なことがある時はぜひ活用しましょう。

 

植毛後のダウンタイムの過ごし方ついて

手術をしてから元の状態に戻るまでの期間をダウンタイムといいます。
植毛後、腫れがある場合がありますが、植毛のダウンタイムはだいたい2、3日程度と非常に短期間です。

 

腫れなどが出ていなくても術後は次のことに注意して過ごしましょう。

 

 

手術後に気を付ける4つのこと
  1. 手術した当日は入浴をせず、首から下だけをシャワーで流す
  2. 洗髪は傷つけないように注意して行う
  3. 重労働は1~2週間程度避ける
  4. 術後しばらくは酒、タバコは控える

 

 

植毛後は傷つけないようにしながらも頭皮を清潔な状態に保つ必要があります。

 

ヘアケアの仕方や洗髪の行い方、その他の注意点についても医師などの専門家からアドバイスがあるのでしっかりと守りましょう。

 

自毛植毛のおすすめクリニック

自毛植毛はほとんどの髪が生えそろうまで1年程度かかりますが、非常に効果が高い薄毛治療法です。
健康な髪が生えるまでの道のりは、カウンセリングから始まります。
そのため、クリニック選びの際には最低でもヘアチェックを行っているところを選ぶことがポイントとなります。

 

 

植毛ランキングBEST3を見る

 

髪の悩みを解決できるのは植毛だけじゃない

ここまでは植毛について説明してきましたが、薄毛対策には増毛という手段があることをご存知でしょうか。

 

増毛とは自分の髪の毛に人工毛を結着して一気に髪の量を増やす方法です。
一度に多くの人工毛を結着することで毛周期に関係なく髪の毛を増やすことも可能ですし、周りにバレないように少しずつ増やすことも可能です。
また、1日で髪の毛が増えるという点も1つのメリットとして挙げられます。

 

1日で髪が増えるのは魅力的だけど、どれぐらい費用がかかるの?と思っていらっしゃる方は下記のリンク先で増毛にかかる費用についてまとめていますので参考にしてみてください。

増毛ってどれくらい費用がかかる?

植毛の日数について

自分自身の毛を埋め込むことで、薄毛を治療できるのが、植毛のよさです。薬を使った方法に比べて、効果があらわれやすいという特徴を持つことから、素早い治療が実現します。
とはいえ、薬とは違い、メスを使うにしても使わないにしても、手術を受けることになります。なので、入院日数がどのくらいになるかが気になるところでしょう。
手術を行う治療法ではありますが、現在では医療技術の進歩により、入院をしなくてもよい、日帰り手術が可能になっています。やり方や医療機関の方針によっても違いがありますが、ほとんどの医療機関で日帰りで治療を受けられるようになっています。これなら、仕事が忙しい男性でも、安心して治療を受けることができます。
メスを使わない手術なら、ダウンタイムの日数が少なく済み、2日から3日程度で回復する例があります。ただし、手術には違いがありませんから、治療を受けた当日から数日間は、ゆっくりと過ごせる日を確保したほうが、回復も早まるでしょう。

植毛のその後の生活

その後は治療効果や手術した部位の状態を確認するために、何回か通院する必要があります。診察だけですので、特に時間をとられることなく、すぐに帰宅することができます。
覚えておきたいこととして、自毛植毛を受けた後には、ごっそりと毛が抜け落ちるという事実があります。治療が失敗したのではないかと心配になるところですが、これは治療を受けた人のほとんどが発症するものですので、心配はいりません。
毛が抜け落ちるのは、手術を受けた日から1ヶ月が経過した後が多くなっています。自然なヘアサイクルの影響で、抜け落ちるのが主な原因です。
その後、ある程度の日数が経過すれば、毛が生えてくるようになります。うぶ毛から徐々に生えてくるようになり、1年が経過したころには、豊かな毛が生え揃うようになります。
この期間を耐える必要がありますので、帽子やかつらを利用するなりして、対処するのがおすすめです。豊かな毛が生え揃えば、薄毛の心配がいらない頭髪を維持できますので、頑張りましょう。とはいえ、帽子やかつらを用いている際に、頭を不潔にしていると、毛に悪い影響を及ぼしますので、常に清潔を保つように心がけたいものです。
自毛植毛の生着率は高く、95%もの高確率となっている方法もあります。その他の方法でも、90%以上が成功しているため、本気で薄毛を改善したい人なら利用したい治療法です。費用がかかりますが、分割払いなどに対応する医療機関も多く存在します。

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

植毛の日数が知りたい!どれくらいで髪の毛が生え揃う?手術後の過ごし方は?関連ページ