かつらでおしゃれに変身!気になる女性向けウィッグの値段と評判

女性用のかつらってどんなもの?徹底解説

現代社会はストレスがいっぱい!そんな中、男性と同じように薄毛に悩む女性も急増しています。
頻繁に髪型を変える女性は、男性のように増毛や植毛をするよりもウィッグやカツラを使うほうがよいとされています。
未体験だけれどカツラに興味がある貴女、カツラとウィッグの違いって何?と思われるかたもいるでしょう。
ウィッグは日本語のカツラの英語訳なので、広義の意味では同じ物のことを指します。
しかし何となくカツラというと、男性がハゲ隠しに利用したりお笑い芸人が使うイメージがあり、女性にとってはハードルが高いように感じられます。
ですので、現在では薄毛を隠すための男性向けの商品をカツラ、よりファッション性が高く女性でも気軽に利用出来る商品をウィッグと呼ぶことが多いようです。
今回は女性用カツラの値段の比較や、実際にウィッグを着用している女性のレビューを交えて、女性向けカツラについて詳しく説明いたします。

 

 

 

女性用のかつらを試してみたいけれど見た目は自然なの?

女性用のカツラは、主に4つのタイプがあります。

  • フルウィッグ

    あらかじめ自分の頭髪をまとめておき、頭全体を覆う形のウィッグです。
    薄毛が進行している女性でも利用できますし、ロングヘアやカラーが豊富なショートヘア、パーマやウェーブなど大胆なイメージチェンジも可能です。

  •  

  • ハーフウィッグ

    襟足や耳周りの部分は自分の髪を生かして、トップをフンワリとボリュームアップすることが出来るハーフタイプのウィッグです。

  •  

  • ヘアピース

    分け目やつむじなどの、気になる部分のみ隠したい女性向けです。
    部分的なボリュームアップが簡単に出来ます。

  •  

  • つけ毛やエクステ

    アクセサりー感覚で、ヘアアレンジができます。
    ゴムやストッパーなどを使って自分の頭髪に留めることで、ヘアサロンで仕上げたようなヘアスタイルに出来ます。
    パーティーやイベントのコスプレ用などで薄毛に関係なく若い女性にも需要があります。

 

薄毛が進行しないか心配!蒸れたりしないの?

カツラを試す前に不安なのが、蒸れないかどうかです。
一昔前の頭部全体を覆うカツラなら夏場に蒸れることもありましたが、現在はウィッグのベースとなるネットの部分に特殊素材が使われているので、蒸れもそれほど気になりません。

 

しかし、真夏で普通にしていても汗が流れてくるような環境だと、最新式ウィッグでもある程度蒸れることはあるかもしれません。
蒸れが頭皮に負担となるのは、ウィッグを被ることによってベースと頭皮のあいだが高温多湿になり、細菌が増えて頭皮環境が悪くなることが原因とされています。

 

細菌が増加すると頭皮が痒くなり、痒くなった部位を掻くことでフケが増加して、それが抜け毛に繋がると考えられています。
帽子なら脱いで汗を拭うことも簡単ですが、カツラだとそうはいきません。
ウィッグを付けるとある程度の蒸れは当たり前だとこの際割り切り、一番大切なことはウィッグを常に清潔に保つことです。

 

外出先で蒸れが気になったらトイレで汗をふき取ってから付け直し、フルウィッグを使用した後は必ず専用のシャンプーなどで洗って乾かしましょう。
もちろん、自分の頭皮や髪を清潔に保つヘアケアやスカルプケアも重要です。

 

かつらだとバレないか不安!本当に大丈夫なの?

女性用ウィッグの使用目的は、薄毛対策の他にイメージチェンジや朝の時短というかたも数多くいらっしゃいます。
そういったファッションが目的の使用方法であれば、他人から多少「自毛とは違う?ウィッグかな?」と思われてもOKというかたもいます。
ただ、女性向けウィッグ使用者はバレてもいいと思っているかたばかりではありません。
むしろ、バレないかいつも心配というかたもいます。
女性の場合にウィッグとバレやすいのは、髪質にあるといってよいでしょう。
人工毛は光沢があってキレイ過ぎたりと、やはり人毛とは質感が違っています。

 

そのため、ウィッグを選ぶ際はできるだけすべて人毛か、人毛に似せて複数の髪の色を混ぜ込んだ自然な仕上がりのものを選ぶようにしましょう。
自分の髪のカラーや髪質に合わせたフルオーダーウィッグかセミオーダーメイドのウィッグがおすすめです。

 

 

でも女性用ウィッグって高いんでしょう?価格の相場を調べてみた

レディースウィッグ:既成品の場合の平均的な値段

既製品ウィッグとは、既に出来上がっているものを購入し、そのまま装着するタイプのウィッグです。
フルオーダーメイドやセミオーダーウィッグよりも比較的値段がリーズナブルなことが特徴です。
一般的な既製品レディースウィッグの値段は1万円~10万円ほどとされています。

 

レディースウィッグ:セミオーダーメイドの場合の平均的な値段

ヘアサロンで自分の髪をスタイリングするように、カットやカールを施しながら好みに合わせてウィッグを作ります。
色、サイズ、ヘアデザインなどから選ぶので、今のスタイルと同じ髪に近いものが出来上がります。
一般的なセミオーダーメイドウィッグの値段は、3万~40万円ほどといわれています。

 

レディースウィッグ:フルオーダーメイドの場合の平均的な値段

ヘアカラーやスタイルにこだわりがあって、自分だけのオンリーワンウィッグが欲しいかたに向いています。
自分の好みが実現できますが、完成までの日数が1ヶ月程かかる場合もあります。
価格は30万円~80万円ほどと高額となっています。

 

 

レディースウィッグを選ぶならここ!大手3社を比較

フォンテーヌの定価とレビュー

フォンテーヌは1979年に、男性向けカツラのテレビCMでおなじみのアデランスから、女性向けのファッションウィッグのブランドとして誕生しました。
ウィッグのプロフェッショナルの専門スタッフが、1人ひとりの希望に沿ってスタイルを
提案します。

 

購入後も長くキレイな状態で使い続けられるよう、アフターサービスが充実しているところも特徴的です。
フォンテーヌでは4つの種類のウィッグを用意しています。

 

  • フルウィッグ

    頭全体をすっぽり覆って思い通りのヘアスタイルを楽しめます。
    シックなイメージのロングから、アクティブなショートまでと幅広い種類を取り揃えています。
    価格は65,000円(税別)~

  •  

  • ハーフウィッグ

    襟足や耳周りは自分の髪を利用して、さりげない自然な髪型を楽しみたいかた向けのハーフタイプのウィッグです。
    ナチュラルからカール、ミディアムヘアまで、幅広いラインナップを用意しています。
    価格は15万円~

  •  

  • トップピース

    分け目やつむじなど、気になる部分だけをボリュームアップできるトップピースは、はつらつとした若々しい印象を与えることが可能です。
    価格は33,000円(税別)~

  •  

  • つけ毛

    アクセサりー感覚でつけられるつけ毛は、サロンで仕上げたようなヘアスタイルが簡単に自分で作れます。
    パーティやイベントにピッタリだといえます。
    価格は1,500円(税別)~

  •  

  • 医療用ウィッグ

    フォンテーヌの医療用ウィッグ「ラフラ」は、抗がん剤の投与や放射線治療、外傷やヤケド、円形脱毛症などが原因の薄毛や脱毛に対応したカツラとなっています。
    価格は68,000円(税別)~

 

・口コミレビュー
「オーダーメイドで作ったのですが、1つひとつの作業が丁寧で仕上がってくるのも早かったです」「髪質がよくて、大満足。
自然な仕上がりです」「友だちから、若返ったと言われました」「自分に合ったウィッグを提案してくれて、ケアの仕方も教えてくれるしアフターサービスが充実しています」

 

アンベリールの定価とレビュー

アンベリールは病気と闘う女性を笑顔にする、医療用女性向けカツラのメーカーです。
注文すると自宅に無料で発送してくれて、家で試着ができるのでサロンが近くにない人でも利用することが出来ます。
早く入手したいかたのために、翌日配達も可能。
ご希望に合わせたカットスタイル調整は無料で、1分で簡単に装着できる点も魅力的です。

 

購入のほかにウィッグのレンタルも行っているので、治療が終って必要がなくなったら返却することも可能です。

 

医療用として開発されたアンベリールのウィッグ「シルフィ」ですが、通気性のよいスキンネットの心地よさと1分で装着できる使いやすさ、つむじや分け目の自然さと髪質の良さから、薄毛に悩むミセスの利用者も増えています。

 

  • バリュータイプ

    サイズ調整可能なフリータイプ。
    自然なリアルスキンを追求した植え込みベースと耐熱ファイバー製の人工毛と人毛をミックスすることで、高い髪質を保証します。
    価格は28,350円(税込)~

  •  

  • スタンダードタイプ

    ベースに人工肌を採用することで、高い通気性を誇っています。
    重量わずか70g~でストレスを感じさせません。
    耐熱素材の人工毛と、一度もカラーリングやパーマを経験したことのないバージンヘアの人毛を3色合わせてブレンドすることで、より自然な髪色となっています。
    価格は47,840円(税込)~

  •  

  • ハイグレードタイプ

    ベースにはきめ細かな高級スキンを使い長時間使ってもズレることのないなど、「あったらいいな」という利用者の声を形にしたウィッグです。
    長期間使用して痛んだウィッグは買い換える必要がありますが、ハイグレードタイプは最高級毛髪を使っているので、何度でも復活可能。
    最新の技術により、高い機能性と高級感を追求しました。
    価格は81,900円(税込)~

 

・口コミレビュー
「ストレスで円形脱毛症になってしまったのですが、フリーダイヤルで相談したところとても丁寧に話を聞いてくれてアドバイスしてくれました。
ウィッグも自分好みにアレンジできて自然な仕上がりです」「抗がん剤治療を始めたのですが、すぐに髪が抜けて慌ててウィッグを注文しました。
すぐに発送してくれて助かりました」「試着で送ってもらって、すぐ営業の電話がかかってくるかと思っていたのですが、そんなことも無く自分で考える時間をくださいました」「医療用ウィッグには古臭いイメージがあったのですが、ファッション性が高くて蒸れも違和感もなく、とても自然で驚きでした」

 

スヴェンソンの定価とレビュー

スヴェンソンは、働く女性が手軽に憧れのヘアスタイルを手に入れるための、ファッションウィッグを提供しています。
全国展開しているのでサロンも多く、自宅の近くに店舗がないかたのためには訪問サービスを行っていいます。
もともとはがん患者のための医療用ウィッグからスタートした会社なので、女性向け医療用ウィッグの種類も充実しています。

 

  • カスタムオーダーヘアピース

    お客様の希望に沿ったカツラができるまで何度でも作りなおす、世界でただ一つだけの部分用ウィッグです。
    スタイルに満足しなかった場合は全額返金もOKとなっています。
    価格はつむじ用で135,000円(税別)~
    分け目用で234,000円(税別)~

  •  

  • セミオーダーヘアピースとフルウィッグ

    ボリュームが欲しいところにだけ部分的にプラスできるヘアピースと、頭全体をすっぽり覆って簡単にイメージチェンジできるフルウィッグは、フルオーダーより手頃なセミオーダーでも受け付けています。

  •  

  • 医療用ウィッグ

    スヴェンソンの医療用女性向けウィッグは、10万円以内の予算で作ることができます。
    抗がん剤などの治療中の敏感な頭皮にも安心して使えるよう、JIS規格適合品の素材を使用しています。
    一番人気の「新・医療用セミオーダー・ウィッグ」は88,000円(税別)で、2色の髪色から選択できてカットやカールもお好みに合わせられます。

 

・口コミレビュー
「夫から若返ったねと言われて嬉しいです。
前より髪がツヤツヤでよくなったねと娘からも言われました」「スヴェンソンのウィッグを付けていると、前向きな気分になります。
外出時にひと目が気になって俯いていた過去の自分が嘘のよう」「抗がん剤の治療で髪が薄くなり憂鬱な気分になっていたのですが、こちらの医療用ウィッグをつけてから心が穏やかになりました」

 

 

薄毛に悩む女性用かつら~医療用のかつらとの違いは?

女性用ウィッグは、薄毛対策のためのものと医療用のものとに分かれています。
薄毛用ウィッグには、頭部をスッポリと覆うフルウィッグもありますが、分け目やつむじなどの気になる部分だけを覆ったり、後頭部の襟足などは自分の髪を生かすタイプのウィッグが主流となっています。

 

また、女性向けカツラは薄毛対策を目的としないファッションウィッグも種類が多く、部分的なつけ毛であればよりリーズナブルに購入することが可能です。

 

医療用ウィッグには明確な基準はありませんが、抗がん剤治療中のかたやヤケドや外傷などを負ったかたの敏感な頭皮に合わせ、安心して付けられる素材が選ばれています。

 

「付けていてチクチクしない」「付け心地がよくて軽い」「汗や熱を溜めずに蒸れない通気性」などがオシャレを目的としたウィッグよりもより追及されています。

 

近年では医療用ウィッグもファッション性が高くなり、頭皮への負担が軽いものが多いため、薄毛対策のために医療用ウィッグを選択する女性も増えています。

 

医療用ウィッグの価格のほうが高い?安い?

抗がん剤使用などで急激に髪が抜けるケースなどもあるため、医療用ウィッグを求めるかたは即日での購入を希望するかたも多いといえます。

 

そのため、フルオーダーメイドよりも既製品や注文してから日数のかからないセミオーダーの商品が多く、その分薄毛専用のウィッグよりも低価格になっています。
医療用ウィッグの価格は、5万円以下から15万円~20万円程度が相場だといえるでしょう。

 

 

女性向けかつらについての価格とレビューまとめ

・女性はファッションや季節に合わせて髪の長さやスタイル、カラーの変化を楽しみたいかたが多いため、男性の薄毛対策でよく選択される増毛や植毛よりも、手軽な薄毛用ウィッグの使用がおすすめ。

 

・女性向けカツラの価格は、既製品かオーダーかによって別れる。
既製品の部分用ウィッグだと数千円~1万円前後のものもあるが、フルオーダーで頭部全体を覆うフルウィッグだと50万円程度の商品もある。
女性用カツラの平均相場は10万~20万円ほどの、セミオーダータイプが選ばれることが多いといえる。

 

・女性向けカツラのユーザーの声では「自然に見えて違和感がなく似合っている」「ファッションに合わせて複数のカツラで楽しんでいる」と、ウィッグの使用感を伝えるレビューの他に、「若返った」「自分に自信が持てるようになった」と、精神的な安心感を得た喜びを表現しているものが多い。

 

 

 

医療用のかつらの使用感はどう?蒸れやすいの?

医療用ウィッグは投薬治療や放射線治療を行っていたり、ヤケドや外傷などを負ったかた向けに作られているため、むしろ細やかに気を使って蒸れを軽減しているものが多いといえます。
ネットの部分が直接地肌に触れて熱がこもって汗をかくと、頭皮に負担がかかってしまいます。
そのため、通気性の高い素材や特殊な工夫を施しています。

 

 

女性向け育毛剤の注意点と女性におすすめの育毛剤

女性向けのウィッグを選ぶと同時に、育毛剤で薄毛の進行を止めたり発毛を促す育毛剤を併用することも大切です。
女性が育毛剤を選ぶポイントとしては、下記の3点を基準にすることをおすすめします。

 

1.女性にいい有効成分が入っているか
2.お手頃な値段か
3.サポート体制があるか
女性が使う育毛剤は、センブリエキスや酢酸トコフェロールなど、頭皮の血行を良くしてデリケートな女性の頭髪の育毛を促進する成分が入っているかどうかチェックしましょう。
注意しなくてはならないのは、発毛を早めたいからといって男性向けの育毛剤を使わないことです。
男性向け育毛剤は、女性向けの育毛剤とは成分が違います。
育毛剤は、ある程度継続して使用しないと効果が感じられないことが多いといえます。
そのため、高額なものよりも続けやすいように手頃な価格の育毛剤を選ぶようにしましょう。
育毛剤の会社によっては、フリーダイヤルの相談窓口を設けていたり、返金保証サービスを行っているところがあります。
できれば、アフターサービスが充実したメーカーの育毛剤を選ぶとよいでしょう。

 

 

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

かつらでおしゃれに変身!気になる女性向けウィッグの値段と評判関連ページ

増毛と育毛の違い|あなたは知ってますか?
増毛に効果のある食品まとめ|生える体質の作り方
増毛の前に無料体験!サロンで自分に合った解決策を見つけよう♪
本当はバレてる?増毛がばれない方法まとめ!
リーブ21の評判 半年で100万!?発毛ってそんなに費用が高いの?
増毛の評判を確かめるには無料体験を利用するのがおすすめ
おすすめの増毛サロンはどこ?口コミを参考に検討する!
増毛の料金は?無料カウンセリングで見積もりしてもらおう
増毛や薄毛について
増毛に痛みやリスクはある? バレない? 高くない? 欠点まとめ
良いことばかりではない!知っておきたい増毛のデメリットやリスクとは?
増毛の粉を徹底検証!効果やバレないかや面倒くささを解説
増毛サプリについてです
気になるかつらの値段はいくらくらい?相場を教えて!
これでわかる!カツラとウィッグの違いとおすすめのショップ
かつらでおしゃれに変身!気になる女性向けウィッグの値段と評判
増毛|対策としては手段は2つなる?-専門的な手段とは?
増毛は高いと嘆いているあなたへ~幸せな未来を手に入れよう~
増毛とは?※薄毛で悩んでる方必読!増毛ってこうやります!
増毛部分は抜ける?知っているようで知らない増毛のリスクを解説!
薬を利用した増毛方法がある
増毛|ヘアコンタクトってなに?
増毛後にヘアカラーできる?増毛してオシャレしたい人必見!
二種類の増毛のやり方
増毛の成功は、その後のケアが鍵!増毛後のケアと薄毛対策
女性が利用しやすい増毛サロンのメリット
増毛|有名人はどんな増毛を利用している?
自毛が少なくても増毛できる?増毛後に気になる自髪のメンテナンス
増毛|前頭部の薄毛の悩みには増毛がおすすめ!
増毛を内緒でやっても周囲に事実が知られることはない