二種類の増毛のやり方

髪の毛というのは、毛根に元気が残っている限り生え続けます。しかし、毛根の元気がなくなったり、力が衰えきってしまっている場合は、もう二度と髪の毛が生えてくることはありません。そのため、いくら育毛剤を使用したとしても効果は見込めなくなってしまいます。このような育毛で対処しきれない薄毛の人のために増毛という選択肢があります。増毛のやり方は二種類あり、メリットやデメリットが存在しますので、よく理解してから行動に移すようにしてください。そもそも、薄毛というのは発毛サイクルによる抜け毛も関係しているので、育毛でカバーできていましたが、毛根が完全に活力を失ってしまえば、もう育毛では太刀打ちできないという状況になります。なので、毛を育てるという考えではなく、毛を増やすという考えに切り替える必要があります。ただ、育毛と違い、人の手を入れて人工的に増やすということが基本的なので、毛根の発毛力を養い、自然な発毛サイクルを促進させる育毛とは全く異なるものだと理解しておくことが大切です。
やり方としては二種類あり、一つは自毛活用型というもので、髪の密度が減って薄さが目立つ状態の場合で、残された自毛を活用して毛を増やす方法です。自毛の根元に人工毛を結び、一つの毛穴方複数本の髪の毛が生えているような状態を人工的に再現することで、髪の密度をカバーします。注意点は、髪の毛にある程度の太さがある人でないと利用できないということです。
もう一つは、人工毛利用型というもので、これは広範囲に広がってしまった薄毛の場合で、残っている周辺の髪の毛に樹脂製の糸を結びつけたものか特殊な接着剤を土台として毛を増やしていきます。広範囲の薄毛をカバーできることがメリットですが、デメリットとしてはかつらと大差がない印象を受けることです。
毛を増やすという方法の魅力は、自毛を利用する方法だと髪の毛1本分から始められるので段階的に髪の毛を増やすことができます。かつらのように突然髪の毛が増えるようなことがないので、より自然に薄毛をカバーできます。また、頭皮への負担も少ないという部分もメリットです。一方でコストが少しかかるということがデメリットと言えます。1本あたり60円ほどの価格設定が多いので本数によって状況は変わりますが、ある程度の金額がかかることは理解しておく必要があります。
便利なことにはメリットやデメリットは当たり前のように存在しますので、それらを考慮した上で自分に合った方法を見極めて下さい。

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

二種類の増毛のやり方関連ページ

増毛と育毛の違い|あなたは知ってますか?
増毛に効果のある食品まとめ|生える体質の作り方
増毛の前に無料体験!サロンで自分に合った解決策を見つけよう♪
本当はバレてる?増毛がばれない方法まとめ!
リーブ21の評判 半年で100万!?発毛ってそんなに費用が高いの?
増毛の評判を確かめるには無料体験を利用するのがおすすめ
おすすめの増毛サロンはどこ?口コミを参考に検討する!
増毛の料金は?無料カウンセリングで見積もりしてもらおう
増毛や薄毛について
増毛に痛みやリスクはある? バレない? 高くない? 欠点まとめ
良いことばかりではない!知っておきたい増毛のデメリットやリスクとは?
増毛の粉を徹底検証!効果やバレないかや面倒くささを解説
増毛サプリについてです
気になるかつらの値段はいくらくらい?相場を教えて!
これでわかる!カツラとウィッグの違いとおすすめのショップ
かつらでおしゃれに変身!気になる女性向けウィッグの値段と評判
増毛|対策としては手段は2つなる?-専門的な手段とは?
増毛は高いと嘆いているあなたへ~幸せな未来を手に入れよう~
増毛とは?※薄毛で悩んでる方必読!増毛ってこうやります!
増毛部分は抜ける?知っているようで知らない増毛のリスクを解説!
薬を利用した増毛方法がある
増毛|ヘアコンタクトってなに?
増毛後にヘアカラーできる?増毛してオシャレしたい人必見!
二種類の増毛のやり方
増毛の成功は、その後のケアが鍵!増毛後のケアと薄毛対策
女性が利用しやすい増毛サロンのメリット
増毛|有名人はどんな増毛を利用している?
自毛が少なくても増毛できる?増毛後に気になる自髪のメンテナンス
増毛|前頭部の薄毛の悩みには増毛がおすすめ!
増毛を内緒でやっても周囲に事実が知られることはない