増毛治療をはじめる前にはデメリットについてもキチンと把握しよう

薄毛やハゲでお悩みの方の中には、増毛に興味がある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
たしかに増毛は、効果をすぐに実感できますし、薄毛が気になる箇所に集中的に頭髪を増やせるなどのメリットがたくさんあります。

 

しかし、増毛をはじめる前には、きちんとそのデメリットについても把握しておかないと後で後悔することになるかもしれませんよ。

 

今回この記事では、増毛の種類や掛かる費用についての詳しい解説から、気をつけなければならないデメリットまできちんと説明します。
増毛をはじめる前に正しい知識を身につけることで、余計なトラブルを回避することができますよ。
増毛を検討されている方にとっては有益な情報ですから是非とも参考になさってくださいね。

 

 

増毛ってどういうもの?またその種類とは?

まず最初に増毛とはどのようなものなのかについて簡単に解説します。増毛とは現在残っている自分の髪の毛に人工の毛髪を何本か単位で結びつけて髪の毛を増やす方法のことです。現在では育毛大手メーカーを中心に、各社オリジナルの技術によるさまざまな増毛法が開発されていますが、基本的にはどのメーカーの増毛法も自毛を活かして髪の毛を増やす方法になります。また、増毛方法は大きく分けて3つのタイプがあります。次からは、そのタイプについて解説します。

 

3タイプの増毛の種類について詳しく解説

増毛には、結毛式、編み込み式、接着式の3タイプの種類があります。それでは、この3タイプについてそれぞれ詳しく説明していきます。あなたの薄毛の状態に合うタイプのものはどれでしょうか?
・結毛式
結毛式(ケツモウシキ)増毛とは、現在残っている自分の毛髪の根元に人工毛を数本単位ずつ結びつけていく増毛方法です。処置には特別な器具は必要なく、手作業によっておこなわれる為頭皮への負担も少なく、仕上がりもナチュラルなものになります。
・編み込み式
編み込み式増毛とは、増毛業界大手の「スヴェンソン」が開発した増毛法です。特殊な糸を使用して、自分の毛髪にまず土台となる部分を作り、その土台部分に人工毛を丁寧に編み込んでいく増毛法です。このタイプも手作業メインなので施術中に痛みが伴うようなことはありません。編み込み式の場合、他のタイプに比べ安全性も高く、見た目の感じはさらにナチュラルな仕上がりとなります。その他の特徴としては、24時間着脱不要で、洗髪も普通におこなえるといった面もあります。
・接着式
接着式増毛とは、頭皮の薄い部分に人工毛を植毛させたシートを直接貼り付けていくタイプの増毛法です。1本一本に人工毛を結びつけていく他のタイプの増毛法よりも短時間で手軽に増毛ができる方法です。3タイプの中では、もっとも昔からおこなわれている方法であります。近年は、頭皮に貼り付けるシートも技術の進歩と共に、どんどん薄くなり付け心地も快適になってきました。短時間での施術で済むことからも、はじめて増毛をする方におすすめの法式でもあります。

 

 

増毛することのメリットとは?

結毛式、編み込み式、接着式増毛法にはそれぞれ異なるメリットがありますよ。ここでは、それぞれの法式が持つメリットを具体例を挙げながら説明します。
・結毛式のメリット
現在広く普及している結毛式増毛法のメリットは、仕上がりの自然さです。自分の髪の毛に直接結びつけていく方法なので全体にムラのないナチュラルな感じに仕上がります。その他、通気性も良いので頭皮への負担も少ないといったメリットがあります。
・編み込み式のメリット
編み込み式増毛法には数多くのメリットがあります。まず自然な仕上がりで頭皮への負担が少ないという点は結毛式と同じですがその他にも、、24時間着脱不要、洗髪やパーマも大丈夫、耐久性が高いので激しいスポーツもOKなどといったメリットがあります。
・接着式のメリット
接着式の最大のメリットは、短時間で増毛が可能だという点ですね。自分の髪の毛に結びつける他のタイプとことなり、人工毛を植毛したシートを貼り付ける法式なので、自毛がない部分やピンポイントに薄い部分のカバーに向いています。

 

 

増毛には注意が必要 3つの大きなデメリットとは?

自分の髪の毛がないと増毛ができない

これまでに増毛法には、結毛式、編み込み式、接着式の3タイプがあることを説明してきました。増毛するときの注意点としては、このうち接着式以外の増毛法は、自分の髪の毛に結びつけたり、編み込んでいったりする方法なので増毛しようとする部分にある程度自分の髪の毛が残っていないと増毛することが出来ないという点です。また、接着法式にしても、あまりに広範囲に自分の髪の毛がない場合は、仕上がりが不自然になってしまいます。つまり、薄毛の初期段階で頭髪の薄い部分には有効な方法だといえますが、薄毛が進行し殆どのこっていない部分には増毛法をおこなうことは出来ません。

 

せっかくの人工毛も自毛と一緒に抜け落ちてしまう

結毛式増毛法は、自毛の根元に人工毛を結びつけて行く方法です。そのため、自毛が成長サイクルと共に伸びて抜け落ちてしまうと結びつけられている人工毛も一緒に抜けてしまいます。自毛に結びつける人工毛はおよそ2本~6本にもなりますので、抜け落ちてしまった部分については新たに別の髪の毛に人工毛を結びつける必要があります。また、結びつけられた自毛が抜けなくとも、髪の毛は1ヶ月でおよそ約1センチ程度は伸びます。当然結びつけられた人工毛もそれといっしょに浮いてきてしまいますので、髪の毛の根元付近にスキマが出来て不自然になってしまいます。その為、およそ1月に1度くらいの頻度で、人口毛を根元へ結び治す必要があります。

 

増毛にはメンテナンスが必須!気になる維持費はどれくらい?

結毛式が1月に1度くらいの頻度でメンテナンスが必要なことについては説明したとおりです。メーカーによっても異なりますが、このメンテナンス時には当然費用がかかります。これは編み込み式も同様です。自然な仕上がりが特徴の増毛にとって、この月々のメンテナンスに掛かる維持費と時間が最大のデメリットということになります。

 

 

増毛が自毛に及ぼすリスクとは?

増毛は自毛や頭皮に負担がかかる

自毛に人工毛を結びつける、あるいは編み込むことによる増毛法の最大のリスクは抜け毛を促してしまう点です。自然に生えている髪の毛に、数本とは言え人工毛を結びつけるということは、それだけ自毛に余分な力や負担を掛けることになります。結果、本来ならば自然な発毛サイクルで成長し抜け落ちていくはずであった毛髪が、不自然に掛けられた負担によってその自然なサイクルを達成すること無く抜け落ちてしまうといったリスクがあるのです。このような増毛についてのデメリットもしっかりと把握しておかなければなりません。なにも考えずに軽い気持ちで増毛をはじめると、後々後悔することになるかもしれませんよ。また、接着式の増毛法にしても、シートを頭皮に直接貼り付ける際に、生えている髪の毛を綺麗に剃らなければなりません。すでに薄くなってしまっている部分ならば諦めも付きますが、場所によっては健康な髪の毛も剃る必要があるので抵抗を感じる方は少なくありません。接着式は自毛に直接負担は掛かりませんが、場合によってはシートが頭皮に合わず、かぶれたり痒みが起きたりする場合があるという点もリスクとして知っておかなければなりません。

 

 

女性が増毛する場合の注意点とは

最近では、女性でも薄毛でお悩みの方が増えてきました。それに伴って各メーカーも女性用育毛サロンや、増毛プランを増やしていますね。また、実際に増毛をおこなっている女性もたくさんいます。それでは、女性が増毛する場合の注意点はどこでしょうか?女性用増毛プランとは言っても、基本的な増毛法や施術は男性と同じです。その為、注意しなければならない増毛のデメリットについても前回説明した点と同じです。自毛と一緒に結びつけた人工毛が抜けてしまう、メンテナンスに費用や時間がかかる、自毛に負担をかけることによって抜け毛を促してしまうといった点です。しかし女性で増毛をおこなっている方の多くは、頭頂部や生え際、分け目などピンポイントな部分の増毛をされる方がほとんどです。増毛する部分も男性に比べせまいので、メンテナンスに掛かる費用や時間は男性ほどは負担にならないはずです。また、女性の薄毛対策法としてはウィッグを利用される方も多いです。最近の医療用ウィッグや女性用ファッションウィッグは、低価格で質の良いものが増えてきました。手軽に薄毛をカバーするにはとてもよいのですが、そういった既製品のウィッグはあなたに合わせて作られたものではありません。私たちの髪質や色合いは、とうぜん1人ひとり違います。ウィッグによって違和感なく自然な感じで薄毛をカバーするには、やはりオーターメイドによるウィッグを作製するしかないのが現状です。その場合には、女性用ウィッグの場合は最低でもおよそ10万円以上掛かるのが普通です。また、高品質なウィッグほどメンテナンスに掛かる費用や手間は大きくなる点もデメリットとして知っておかなければなりません。

 

 

アートネイチャーのマープにもデメリットがあるの?

これまでに、増毛法についてメリットやデメリットについて説明してきました。自毛に負担が掛かったり、メンテナンス費用が必要といった点はお分かりいただけたと思います。しかし、そういったことを差し引いても手軽に髪の毛を増やせる増毛法は魅力的ですよね。そこでここからは、実際に増毛業界大手である、アートネイチャーやアデランスでおこなっている増毛法や掛かる費用などについて紹介します。まずはアートネイチャーでおこなっている増毛法「マープ」について紹介します。どのような増毛法なのでしょうか、またマープにもデメリットといえるようなものがあるのでしょうか?「自毛を活かして、1時間で最大1000本増やせる」という宣伝文句のマープ増毛法は、短時間で手軽に髪の毛をボリュームアップすることができるのでとても人気のある結毛式の増毛法です。また、長い歴史の中で培われたアートネイチャーの高い技術によって人工毛と自毛の見分けがつきづらく、とても自然な仕上がりになるのが特徴です。しかしマープ増毛法も自毛に人工毛を結びつけるといった結毛式の増毛法ですので、自毛と一緒に人工毛が抜けてしまったり、1月に1回程度の定期的なメンテナンスが必要になってくるというデメリットがある点には変わりありません。また大手だけあって高い技術レベルによるメンテナンスを受けられますが、その分費用的には割高な傾向があるのも事実です。

 

アデランスで増毛をした場合に掛かる具体的な費用とは?

それでは実際に増毛業界大手であるアデランスで増毛をおこなった場合に、必要となる初期費用やメンテナンス費用について具体的に見ていきましょう。アデランスには1人1人の薄毛の状態に合わせてさまざまなタイプの増毛プランやコースがあります。そこで、今回は分け目や生え際といった気になる部分の増毛に最適とされる「ピンポイントフィックス」とう増毛法をおこなった場合に掛かる費用について紹介します。このピンポイントフィックスの料金体系は以下のとおりです。
・1パッケージ   1500本   129,600円~
・メンテナンス料金は250本につき1,000円なので1,500本の場合月々に6,000円のメンテナンス費用がかかります。(メンテナンスは1月毎)
上記のような料金システムになっています。つまりアデランスのピンポイントフィックスで1,500本増毛した場合に必要となる1年間の費用は、129,600(1,500本)+72,000円(6,000円×12ヶ月)=201,600円となります。2年間増毛を続けた場合は、およそ129,600+144,000(6,000×24ヶ月)=273,600円ほどの費用が掛かります。 ※これはあくまでおおよその目安となる費用です。実際にかかる費用は個人差があります。また、アデランスでは、増毛が必要な面積に応じてのお得な定額性のプランもあるのでそちらもおすすめです。

 

 

根本的に薄毛対策をおこなうなら発毛や植毛という手もある!

これまでに、増毛に関するメリットやデメリットについて説明してきました。みなさんも、増毛について十分お分かりいただけたと思います。たしかに増毛は、お手軽に短時間で、自然に髪の毛を増やせるという大きなメリットがあります。しかし、薄毛自体を根本的に解決する手段ではありません。せっかく増毛した人工毛も自毛と共に抜け落ちてしまうといったデメリットもあります。抜け毛や薄毛自体が進行している状態の方は、増毛を続けてもいずれ人工毛を結びつける自らの毛さえなくなってしまうのは目に見えています。月々に掛かるメンテナンス費用も決して安いものではありませんし、頭を悩ますところでもありますね。それでは一体どのような方法をとるのよいのでしょうか?結局その場しのぎであるのなら、増毛なんて最初からしなければよいのでしょうか?いいえ、答えは違います。増毛のメリットを最大限活かしつつ、同時に発毛や植毛をおこなっていくことが薄毛対策としては最も効率的な方法なのです。薄毛の原因を改善し発毛を促す発毛治療の効果が実感できるには、一般的に約半年はかかると言われています。ですから、今すぐなんとかしたい毛髪の薄い部分には増毛をおこなうことで薄毛をカバーして、それと同時に発毛治療を進めて行けば抜け毛や薄毛の根本となる原因も改善できます。髪の毛が生えるのを半年も待っていられないといった方には、植毛という方法もありますよ。それでは次は、発毛や植毛とはどういった治療法なのかについて見ていきましょう。

 

発毛って何?増毛とどう違うの

薄毛や抜け毛でお悩みの男性の方の多くがAGA(男性型脱毛症)を原因とする脱毛症状だといわれています。そして最近の研究によって、このAGAを引き起こす原因物質の正体も究明され、AGAの症状を改善する薬(ミノキシジルやフィナステリド)も開発されています。専門のクリニックで治療することで、AGAの症状を改善し失ってしまった髪の毛を取り戻すことは十分に可能なのです。注意しなければいけないことは、発毛治療の効果はすぐに現れるものではないということです。個人差はありますが、一般的に発毛の効果が実感できるまでに、およそ半年ほどの期間が必要だといわれています。薄毛を今すぐカバー出来る方法ではありませんが、薄毛の根本原因を改善し発毛を促す効果は十分に期待できるのが発毛治療です。薄毛でお悩みの方は、一刻も早く専門のクリニックでAGAの治療をはじめることをおすすめします。

 

植毛ってどうなの?

植毛とは、自毛や人工毛を頭皮へ植え付けていく外科手術の1種です。当然ですが医療行為なのでクリニックで施術を受けなければなりません。また、増毛に比べると外科手術でありますので、身体への負担は大きいといえます。例えば自毛による植毛の流れは以下のようになります。
1,診察で頭皮の状態を診る。
2,健康な状態な毛髪を採取
3,採取した毛髪を株分けする
4,株分けした自毛を頭皮へ植える
5,植毛した毛が定着するまでは、しっかりとアフターケアをする。
やはり、増毛に比べるとはるかに大変になってきますね。また、植毛する範囲が広い場合は手術自体も数ヶ月にわたって数回おこなう必要もあります。費用も自己負担なので高額です。しかし、植毛した毛が定着してしまえば特にメンテナンスも必要としない、究極の薄毛対策であるとも言えます。

 

 

増毛はたしかに魅力的だがデメリットもあった

いかがでしたでしょうか?これから増毛をはじめようという方の為に、メリットやデメリットについて詳しく紹介してきました。最近の増毛技術の進歩はすばらしく、手軽に自然な毛髪を手にすることが可能です。薄毛でお悩みの方にとってはとても魅力的なサービスですよね。しかし増毛には、自毛に負担が掛かることや、メンテナンス費用の問題などのデメリット面もありましたね。増毛を検討されている方は、このようなデメリット面もしっかりと考えてから増毛をするかしないか判断してくださいね。

薄毛が気になってきたら何らかの対策を考えておきたいですが、すぐに目立たなくしたいのであれば増毛も便利です。

こちらは植毛のように手術の必要もなく、そしてカツラとは違い、より自然な仕上がりを得られることが特徴です。
カツラの場合は毎日取り外しますが、ずっと装着したままで良いですし、引っ張っても簡単に取れたりしないので、他の人にも気づかれにくいというメリットがあります。
そしてカツラのような重さもなく、より通気性も優れており、スタイリングもしやすくなっています。

増毛には多くのメリットがありますが、施術にはそれなりの手間も必要ですので、デメリットがないかも確認しておきましょう。
まず、デメリットとしては本物の髪が生えているわけではないということがあげられます。
ボリュームアップはできますが、あくまでも人工毛で、髪が復活しているわけではありません。

そして人工毛は髪が伸びることはなく、一度取れてしまうと復活することはありません。
それゆえに増毛後にメンテナンスを行わないと少しずつボリュームダウンしていくこととなります。
さらに取り付けた髪は本物の髪ですので、伸びていき、根元につけた人工毛が不自然になることもあげられます。
自毛植毛の場合は本物の髪なのでメンテナンスは基本的フリーですが、人工毛の場合はいくら質が良くても自毛と同じというわけにはいきません。

メンテナンスを行うと長く良い状態を保っていくことができますが、一般的な理容室や美容室ではこうしたケアは難しいので、ずっと専門のサロンに通っていく必要があります。
そして通常のヘアカットなどのお手入れに比べてやや時間も必要ですので、時間に余裕があることも大切です。
それゆえにサロンが通いやすい場所にあるかもよく確かめておくことも大切です。サロンが遠方となると通うのが困難となってしまいます。

そしてメンテナンスを長期に続けていくとトータルでは意外と多くの費用が発生することとなりますので、メンテナンス費用についてもよく確認しておきましょう。

人工毛を多く取り付けるとそれだけボリュームアップを得ることができますが、あまりに多く取り付けると自毛に負担がかかることもありますので注意しましょう。

そしてデメリットは増毛だけではなく、カツラやAGA治療の場合もやはりあります。
髪を増やしたい場合はそれぞれの施術の特徴はよく理解し、メリット、デメリットとも考慮したうえで最適な施術を選んでいきましょう。

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

良いことばかりではない!知っておきたい増毛のデメリットやリスクとは?関連ページ

増毛と育毛の違い|あなたは知ってますか?
増毛に効果のある食品まとめ|生える体質の作り方
増毛の前に無料体験!サロンで自分に合った解決策を見つけよう♪
本当はバレてる?増毛がばれない方法まとめ!
リーブ21の評判 半年で100万!?発毛ってそんなに費用が高いの?
増毛の評判を確かめるには無料体験を利用するのがおすすめ
おすすめの増毛サロンはどこ?口コミを参考に検討する!
増毛の料金は?無料カウンセリングで見積もりしてもらおう
増毛や薄毛について
増毛に痛みやリスクはある? バレない? 高くない? 欠点まとめ
良いことばかりではない!知っておきたい増毛のデメリットやリスクとは?
増毛の粉を徹底検証!効果やバレないかや面倒くささを解説
増毛サプリについてです
気になるかつらの値段はいくらくらい?相場を教えて!
これでわかる!カツラとウィッグの違いとおすすめのショップ
かつらでおしゃれに変身!気になる女性向けウィッグの値段と評判
増毛|対策としては手段は2つなる?-専門的な手段とは?
増毛は高いと嘆いているあなたへ~幸せな未来を手に入れよう~
増毛とは?※薄毛で悩んでる方必読!増毛ってこうやります!
増毛部分は抜ける?知っているようで知らない増毛のリスクを解説!
薬を利用した増毛方法がある
増毛|ヘアコンタクトってなに?
増毛後にヘアカラーできる?増毛してオシャレしたい人必見!
二種類の増毛のやり方
増毛の成功は、その後のケアが鍵!増毛後のケアと薄毛対策
女性が利用しやすい増毛サロンのメリット
増毛|有名人はどんな増毛を利用している?
自毛が少なくても増毛できる?増毛後に気になる自髪のメンテナンス
増毛|前頭部の薄毛の悩みには増毛がおすすめ!
増毛を内緒でやっても周囲に事実が知られることはない