植毛に種類があるの?自分に合った植毛を調べてみた

植毛には外科手術を伴うものやメスを使用しないもの、また、自分の毛髪を移植するものから人工毛を使用する方法など、様々な種類があります。クリニックによってもメインとしている手術内容には違いがあり、また、種類にはそれぞれにメリット、デメリットがあります。なので、植毛を受ける場合には事前のカウンセリングが重要となります。
植毛で広く知られた方法としては人工毛を使用したものがあります。ここでは合成繊維で作られた毛を頭皮に植込むことで増毛が行われ、素材としては人体に馴染みやすいポリエステルやナイロンなどが多く使用されています。かつては違和感を覚える仕上りが多くありまたが、現在においては人工毛の作り込みも精巧で自然に近い製品となっており、希望によっては様々な色の組合せや長さ、また形なども自由にできるようになっています。一気に増やすことができる反面、人によっては免疫作用によって脱毛を起こしてしまうこともこともあり、治療には事前の検査が重要になります。
他の方法では、そのほとんどが自毛を利用したものとなります。種類としてはFUT法、FUE法、SAFE・SYSTEM法、ニードル法、パンチ・グラフト法があり、その中でもFUT法とFUE法は広く行われ、植毛における代表的な施術法となります。まず、大きな違いとしては外科手術が伴うか伴わないかの差となります。
FUT法は毛包単位で行われることに特徴があり、ある程度まとめてドナーの採取が行われます。採取には局部麻酔が使用され、専門医がドナー毛根を頭皮ごと幅1cm、長さ10~20cm程度の帯状に浅く採取をします。採取されたドナーは株分けが行われ、顕微鏡を使用して3種類のサイズに分けられ、移植をする場所に1~2mm程度の大きさで設けられたスリットに植え付けられていきます。採取に使用された部分は目立たないよに縫合がされますが、ここで使用される糸は自然に溶ける吸収糸となっており、改めて抜糸をする必要もなく、傷口においても髪が伸びると共に分からなくなるようになっています。
FUE法はメスを使用しない方法であることから患者への負担も少なく、最近ではドナー採取にロボットが使用されるなど最新式の施術法も使用されています。FUT法と異なるのは、採取に関して直径1mm程度の極細のパンチを使用し毛包を単位ごとにくり抜いていくことがあり、その後に関しても自然に傷がふさがるために目立たない方法となります。施術は非常に細かな作業となるために、担当専門医の技術が大きく影響をするために、ドナー採取にロボット導入を行っている施設も増えてきています。

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

植毛に種類があるの?自分に合った植毛を調べてみた関連ページ

植毛のメリット|植毛の前に知っておきたいポイント総まとめ
人工毛植毛はデメリットが多すぎる!必要な費用はエンドレス
自毛植毛は健康保険を適用できる?-施術費用の仕組み解説
植毛クリニックのモニターに条件はある?どのくらいお得になるの?
自毛植毛の費用100万円以上は高すぎる!ローンで分割払いガイド
植毛と増毛の違い|違いを知って、より自然なヘアスタイルを
植毛でお試し体験はできる?安く植毛する方法を徹底解説!
【植毛】アイランドタワークリニックが選ばれる5つの理由
植毛にかかる期間&植毛してから持続する期間などなど
KM新宿クリニックのモニター制度とは?病院で薄毛対策をするコツ
植毛の傷は隠し通せる?坊主にしても問題ない?
メスを使わない自毛植毛!切らないFUE植毛とは?
【植毛】つむじハゲは植毛後が一番危険?植毛のリスクと費用について解説
スリット法による植毛|スリット法最大の特徴はコレ!
植毛費用が心配な方のために、植毛にかかる平均予算を徹底リサーチ!!!
植毛の総額は?|それ以上もそれ以下も払いたくない!
植毛の成功体験記│植毛をやって本当よかった!まとめ
植毛した部分の5年後、10年後は?植毛の効果徹底検証!
ハゲに植毛は効果的?植毛してもすぐ抜けてハゲに逆戻り?
【植毛の無料体験】おすすめの人気クリニックはココ!無料体験の内容と流れを紹介
植毛とAGA治療それぞれ特徴をしっかりと知ろう!
植毛でピットスカーになることはある?植毛のリスクまとめ
プロピアと植毛の違い|かかる費用や期間を徹底比較
植毛に良いタイミングとは?知らないと怖い落とし穴!
植毛でこめかみ辺りの薄毛を解決する3つのポイント!
植毛にかかる時間│短時間で施術完了・日帰りOK!
ピンポイントで植毛したい!部分別の費用と本数まとめ
植毛時の麻酔についての疑問を解消!痛みや腫れについて紹介
ウェルネスの植毛で薄毛を解決するための5つのポイント!
アルタス植毛|従来の植毛との違いまとめ